パソコン作業の環境整備完成!Amazonで購入した商品を公開します!

2019年は環境整備のために投資して、ゲーミングチェアやFire HD、スピーカーや作業台など、デスク周りの備品をAmazonや100均で少しずつ買い集め、今日やっと完成したので部屋の画像公開します!こうやって自分好みの部屋を作っていくのが楽しいんだよね。それも一段落着いたので、これから来年以降はブログとイラストの創作活動をどんどんやっていくぞー!
※画質が荒いのはご了承下さい。デジカメも欲しくなってくるけど、ほとんど写真撮らないから買っても使う機会がないんだよね。

【ブログ更新用レイアウト】

【Amazon商品リスト:2019/11/10現在 ※価格は変動することがあります】
◎タブレット端末(画像右)「Fire HD 10 (第9世代)32GB」:15,980円
◎Fire HD 10「延長保証・事故保証プラン(3年・落下・水濡れ等の保証付き)」:4,380円
◎Fire HD10カバー「IVSO Fire HD10 カバースタンド機能付き」:1,699円
◎Fire HD10保護フィルム「ブルーライトカット ガラスフィルム」:1,498円
◎Fire HDを支える後ろのスタンド「折りたたみ式 滑り止めアルミスタンド」:2,690円
◎Fire HD下の机上台「HUANUO モニタースタンド」:999円
◎Fire HD用のスピーカー「Creative Pebble」:1,780円
◎Fire HD操作に使うタッチペン「aibow タッチペン」:999円 
◎ノートパソコン下にあるスピーカー「AKUSA 小型スピーカー」:1,580円
◎ノートパソコン下のスタンド「リヒトラブ 机上台」:2,231円
◎キーボード「Logicool ロジクール K275 ワイヤレスキーボード」:1,800円
◎ヘッドホン「KOTION EACH G2000 オーバーイヤー ゲーミング ヘッドセット」:2,140円
◎デスクライトスタンド「デスクライト TaoTronics」:3999円
◎ゲーミングチェア「ゲーミングチェア Heipard」:19,800円 ※この商品はよくセールで割引になるのでその時が狙い目。自分は4,500円OFFクーポンを使って安く買えましたが、もっと安くなる時もあります。

【解説】
ノートパソコンはヤフーショッピングの「Micro E-zone」という中古パソコンショップで購入。約5万円でCPUはcore i7、新品SSD128GB、メモリ8Gという値段の割に申し分ないスペックです。イラストとブログ更新だけならこれで充分。ただ容量が128Gと少ないので、外付けHDDにデータやバックアップを取っています。

☆★ソフトバンクユーザーにお得情報★☆
ソフトバンクユーザーは[Yahoo!プレミアム:月額462円]が無料になるという特典があります。この特典のお陰でヤフーショッピングで買い物をすると、貰えるポイントが優遇されるのです。更にポイントが貰える「5のつく日キャンペーン」を併用すれば、もの凄いポイントがもらえます(計算方法はよく分からないので省略)。例を挙げると、上記のパソコンを買った時、約5万円のパソコンで約6,000ポイント貰えました。凄くないですか?これでマウスなどの備品が買えますね。ただ注意点としては、期間限定のポイントであるという事(PayPayボーナスライトは60日)で、サイト内でしか使えないポイントだという事です。

【イラスト用レイアウト:液タブ追加】

【Amazon商品リスト:2019/11/10現在 ※価格は変動することがあります】
◎液晶ペンタブレット「ワコム 液タブ 液晶ペンタブレット Wacom Cintiq 16 FHD」:65,575円
ペンタブレット3年保証:3,380円
◎液タブの保護シート「指紋が目立たない 光沢液晶保護フィルム Wacom Cintiq Pro 16」:2,860円
◎液タブのスタンドは現在廃番になっていたのでこちらをオススメ「Parblo PR100 タブレットスタンド」:4,399円
◎液タブ左のテンキー「サンワサプライ プログラマブルテンキー」:3,756円
◎キーボード下のアーム「FACE8 モニターアーム」:7,280円

【解説】
イラストを描く液晶タブレットは生命線となる一番重要な道具です。最近の液タブ市場は格安の中華製品が出回っており、かつては高価すぎて手の出なかった液タブが3万円前後まで価格が下がっています。自分も初めての液タブで使っていた時期があるのですが、数ヶ月で画面が「NO SIGNAL」で反応しなくなりました…。やっぱり値段相応の製品だったというのが感想ですね。その経験もあり、二度目はかなり奮発してワコムの液タブを購入。やっぱり信頼のワコムは高性能の安定した描き心地です。お金にある程度余裕があるなら中華製品よりこちらをお勧めします。長期間使うものですからね。
 ただ、この液タブは機能を最小限に抑えて価格を下げているため外部にボタンが無く、ディスプレイ操作が面倒なのが唯一のデメリットです。その代案となるワコムやクリスタのワイヤレスリモコンは操作性が悪いとのレビューが多く信頼性に欠けるので、自分なりに考えてプログラムテンキーで代用することに。このテンキーは22個のボタンに「Ctrlt+Z」などのよく使うコマンドをプログラム出来る便利機能があります。ただ押しっぱなしをプログラム出来ないので、手のひらツールが使えないのが難点ですが、液タブペンのボタンに割り当てることで解決しました。支えるスタンドは「Cintiq 16専用スタンド」もありますが高いので、ノートパソコン用の安いスタンドでも充分代用できます。

ちなみに上記画像で飾ってあるVTuberのイラストはこの液タブで描きました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?こうしてまとめて分かった事は、液晶タブレット、Fire HD、ゲーミングチェアといった主要アイテムの金額はそれなりにしますが、それ以外の備品は大体2~3,000円で買えてしまうんですよね。だから気軽についつい買っちゃって財布からお金が飛んでいくのですが…。ここで紹介している商品は自分なりに充分時間をかけてリサーチして、レビューもよく読んで買ったので、安くても良質なオススメばかりです。これらが手軽に買えるようになったのは本当にいい時代になったなと実感します。
 ちなみに上記の商品を探す際によく使う通販サイトのAmazon、楽天、ヤフーショッピングでそれぞれ比べてみるのですが、やっぱりアマゾンが安いんですよね。その一番の理由は送料無料だから。全国各地に圧倒的な在庫を持つ流通センターがあるから強いのでしょう。楽天やヤフーはそれをポイントでカバーしようとしているけど、それでもアマゾンには勝てない。楽天とヤフーを使うとすれば、書籍やゆうパックなど送料がかからない小さな商品。条件が同じならポイントが多くもらえるこの2社が有利ですね。

以上です。何か一つでも参考になれば幸いです!

〈スポンサーリンク〉